クリニックのご案内

学会発表

2008年

第29回日本アフェレシス学会学術大会 (11月21~23日)

・レーザードップラー血流計を用いた下肢血流量の検討:LDLアフェレーシス治療中及びその後の変化について

第53回日本透析医学会学術集会・総会 (6月20~22日)

・目標Hb11~13g/dlは維持血液透析患者のQOLを改善するか
・透析患者の健康関連QOLを客観的に考える-SF36による検討-
・HDF施行による痒みの軽減を考える-VAS・スキンデックス29による評価-
・血液透析患者末梢血流評価法の比較検討
・シャント肢静脈高血圧症とスチール症候群の早期発見

第35回 山梨透析研究会 (3月23日)

・HDF施行による痒みの軽減を考える ~VAS・スキンデックス29による評価~
・シャント肢皮膚管理の重要性 ~オリジナルチェックリストを作成して~
・閉塞性動脈硬化症による左踵部難治性潰瘍への取り組み ~フットケアの大切さ~
・血液透析患者におけるシャント肢静脈高血圧症とスチール症候群を早期発見できか?~レーザードップラー血流計を用いた、血液透析患者・上肢末梢血流量の検討~
・皮膚灌流圧測定法とレーザードップラー血流計を用いた末梢血流評価の比較検討
・目標Hb値11~13mg/dlは維持血液透析患者のQOLを改善するか

第13回バスキュラーアクセスインターベンション治療研究会

・皮膚灌流圧測定法とレーザードップラー血流計を用いた末梢血流評価
・レーザードップラー血流計を用いた、血液透析患者上肢末梢血流量の検討

ページの先頭へ戻る