クリニックのご案内

学会発表

2012年

第25回 山梨血液浄化看護勉強会 ( 11月25日 日曜日)

・〈講演 〉 リン・カルシウム管理に関連した透析患者の服薬アドヒアランス向上への援助について
・〈特別講演 〉 透析患者のリンと早老症候群

第16回日本アクセス研究会学術集会 10月13~14日

・看護師用血管エコーガイド下段階別穿刺プログラムの開発Part2~エコー下穿刺患者に対して~
・アクセス圧(VAP)のバスキュラーアクセスモニタリングへの応用
・人工血管内シャント(AVG)では17G針でも脱血流量が維持できるか?

第18日本HDF研究会学術集会 9月8日(土)~9月9日(日)

・マイルドなon-line HDF療法により栄養状態を維持しながら高齢透析困難症患者のQOLを改善・維持できるか?
・透析掻痒症に対するon-lineHDF療法の維持効果-VAS・スキンデックス29による評価-

第57回日本透析医学会学術集会 6月22日(金)~6月24日(日)

・二次性副甲状腺機能亢進症に対する,シナカルセトと低用量経口活性型ビタミンd製剤治療の長期成績
・透析患者における塩酸セベラマーのvitamindキレート作用についての検討
・透析患者のリン吸着剤内服アドヒアランス向上を目指した患者指導
・看護師用エコーガイド下穿刺プログラムの開発

第10回日本フットケア学会年次学術集会   3月17日(土)18日(日)

・WIQを用いた維持血液透析患者の日常生活における歩行能力の検討

第39回 山梨透析研究会総会 ( 2月18日 日曜日)

・透析患者のリン吸着剤内服アドヒアランス向上を目指した患者指導
・透析機器操作におけるダブルチェックスルー防止への取り組み~発見報告書作成を取り入れて~
・維持血液透析患者の日常生活上の歩行能力―WIQによる検討―
・高齢でADL低下が著明な維持血液透析患者への関わり~自力歩行をめざして~
・透析施設の特徴を活かした糖尿病合併症管理料対象患者さんのフットケアの現状
・二次性副甲状腺機能亢進症に対するシナカルセト+低用量経口活性型ビタミンD治療の長期成績
・アクセス血管圧(Vascular Access Pressure : VAP)による適正な自己止血圧の設定
・維持透析施設における患者の循環器疾患管理方法に関する検討~看護師としてできること~
・エコーガイド下穿刺プログラムは看護師の穿刺スキルアップに有効である 
・VAP(アクセス圧)に基づく適正ベルト止血圧の検討 
・透析患者における塩酸セベラマーのVitaminDキレート作用についての検討

ページの先頭へ戻る